« 海洋堂 OSアイドル Winちゃん2 | Start | 地獄少女 二籠・第5話 »

ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第32話

食欲大王のファインはキャメロット特製のサニーケーキを楽しみに一日を過ごしていたのだが、食べる直前、手を洗っているすきにピュピュに食べられてしまった。気落ちしたファインは「セミの抜け殻(byプーモ)」の様。もう一回作ろうにも材料が無い。罪滅ぼしのためにピュピュとキュキュが材料買い出しの初めてのおつかい。それに目を付けたのはビビン。「ハッピーがつまった財布にアンハッピーフルーツの種を植え付けて無駄使いしてアンハッピーになれ」と言う。

うーん、よく分からん仕組みだ。

なんでハッピーがつまってるのか分からんし、無駄遣いしたら何でアンハッピーなのかも分からん。まあとにかくそんな訳で無駄遣い攻防戦が始まる。ビビンとエドちんはピュピュとキュキュに無駄遣いさせようとテキ屋に。最初のたこ焼き屋は分からんでもないが、その格好のままクレープ屋とかパン屋とかはどうよ。つか、ファインとレインがコスプレして素性を隠して(全然隠れてないが)忠告をするまでもなく、たこ焼きのにおいに誘われた民間人の犠牲によって思いとどまる。

店の種類が変わるたびにビビンのまずいたこ焼きだのクレープだのタイ焼きだのパンだの食べさせられる哀れなエドちん、最後は犬にさせられてドッグフードの買い物をピュピュとキュキュにしむけてなんとかアンハッピーフルーツに。

でも結局は「祝福の力」で一撃で消されちゃうんだよね。いくら子供向けだからってもうちょっとそこら辺の展開を工夫したらどうよ。エドちんをいじめるだけじゃなくてさw 単純すぎるのは子供にもマンネリってのをプリキュアで懲りてないのか。

|

« 海洋堂 OSアイドル Winちゃん2 | Start | 地獄少女 二籠・第5話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第32話:

« 海洋堂 OSアイドル Winちゃん2 | Start | 地獄少女 二籠・第5話 »