« 奏光のストレイン・第3話 | Start | 強欲JASRACまたもショバ代で荒稼ぎ »

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-・第6話

あーあ、まっとうなアニメになっちゃった。

作画は第1話以来のちゃんとした絵。作画が良いのは百難隠すと言うか、並以上の作画なせいで少しくらい脚本が変でもほとんど気にならない。カップ1個でここまでフィーナと達哉の関係が進むってのはどうよな話なんだけどね。もっともそれ以上に分からんのは地球と月王国の関係。「共倒れになりかねない」様な対立点って何?

それにしても前回予告の時のあのシーンって麻衣の妄想シーンだったのか。折角おかしな作画でおかしな脚本になるのをwktkして待っていたのに。ひょっとしてけよりなはそう言うので釣りを始めた?w

フィーナ側でも達哉側でもお互いに惹かれ合ってはならないと釘をさされるが、いやぁ、そう言う障害があるほど燃えるんだよw

|

« 奏光のストレイン・第3話 | Start | 強欲JASRACまたもショバ代で荒稼ぎ »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-・第6話:

« 奏光のストレイン・第3話 | Start | 強欲JASRACまたもショバ代で荒稼ぎ »