« ギャラクシーエンジェる~ん・第5話 | Start | 毎日新聞の下品な記者・朴鐘珠 »

N・H・Kにようこそ!・第17話

マルチ商法キモチワル

前回ネトゲーの罠からかろうじて脱出出来た佐藤だと思ったら、今回間髪入れずにマルチ商法の罠。ネトゲーの時の思いもよらぬ繋がりで高校時代の委員長小林恵から電話を貰った佐藤。普段だったら「会えない?」とか言われても絶対出ていかなかったろうが、今回は部屋に居るのも嫌な程の痛手で逆に会いに出かけていく。まあ佐藤の心理は分からんでもないが、なんでまたその委員長がちょっと小耳に挟んだ名前だけで佐藤に電話して「会わない?」なんて言ってきたかと思ったら、マルチ商法ですよ、マルチ商法。

小田急に乗って、山手線に乗って、外房だか成田線だかで辿り着いた先はマウスロード商品説明会会場。

うわー

すげえ嫌すぎな場の雰囲気。こう言うの見ていて気持ち悪いんだよね。佐藤は「俺引きこもってるからテレビをよく見てる」と言う事でこの場では雰囲気に飲まれる事なく脱出。それを追いかけてきた委員長に「これ、マルチ商法だろ」と。委員長が「非合法じゃないんだし」って、え?ネズミ講と違って非合法じゃないの?

これで無事脱出かと思ったら、追いついてきた委員長に説き伏せられてやがりますよ、こいつは。でも金は持ってない筈だがどうやって買わされたのかと思ったらローンだそうだ。こりゃまた悪質だな。とりあえず部屋に戻ってきてすぐに佐藤は我に返った様だが、これって消費者相談センターとかに相談できんの?

ぐぐってみて出てきた悪質商法にご注意(警察庁)によるとクーリングオフがきくみたいだね。


今回、対して登場しなかったが岬の健気さがまた現れていた。部屋を片づけてご飯まで作って待ってますよ。なんか、涙が出ちゃうよ。


それにしても同窓会名簿って恐ろしいよ。

個人的な話だが、実は、中学時代の同窓会には今の住所になってから新しい住所を教えてなかった。それが先月あたりに「創立×周年」だかなんだかの寄付募集のダイレクトメールが今の住所にきっちり送られてきた。いくらなんでも同窓会が名簿屋から情報を買ってるなんて事はないだろうから、同窓生の誰かが余計なお世話で勝手に同窓会に私の新しい住所を知らせたのだろう。よくあるでしょ、不明者調査って。そしてこれがさらに名簿屋とかに流れて行くんだろうな。もうね、同級生・同窓生と言えども全然信用出来ないと思った。

|

« ギャラクシーエンジェる~ん・第5話 | Start | 毎日新聞の下品な記者・朴鐘珠 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf N・H・Kにようこそ!・第17話:

« ギャラクシーエンジェる~ん・第5話 | Start | 毎日新聞の下品な記者・朴鐘珠 »