« 和風堂玩具店 1/6 ぱにぽにだっしゅ! 橘玲 | Start | 5分で分かるシムーン/1・2・3じゅ~すぃ~ »

いぬかみっ!・第22話

啓太が前回のメイド姿のまま。このまま深刻な大妖狐との対決劇に入るのかいと思ったら、話が進んでみれば今回のこんな話。すっかり肩すかしを食ったぞ。

ようこが大妖狐の娘だと言う事でつまはじきにされたのを啓太がさりげなく後を追う。その時のようこの昔話で啓太の小さい頃に実は会っていたと言うのだが、あれ?そうだったの? 以前の話では啓太がいぬかみ募集をかけた時に出会ったのが最初の様な演出だったのに。

とりあえず軍扇結界を開始するのだが、増幅装置の役割となった薫がもたない。「この身体では」もたいないのだそうだ。赤道斎の所にあった薫の身体が関係している模様。

そんな訳で恐怖の大妖狐が復活・・・ふっか・・・

変なおっさんです。
強いて言えばしゃっほーのネリネの父親、魔王みたいな、でも中身は神王みたいな、世の中の流れを取り込みすぎw

このおっさんにようこが啓太を紹介するのだ、「もうできちゃってます」みたいな紹介を。
それにまたなでしこが乗るものだから大妖狐がすっかり「婿殿」として啓太を認めてしまう。

周囲の人間を石化したり啓太の変身状態を解除したりと大妖狐の実力の片鱗は見せるのだが、こんな有様で一体どう今後の展開を見せるのかと思ったら、ここに赤道斎登場。ほう、こう言う形で神奈延年と若本規夫の対決になるのか。

ところで、今回もひどい絵の場面がある。
メイド姿を見とがめられて宗家に突き飛ばされて倒れた時の啓太の脚に薫の右脚だけが前に出ている。なんであんな作画になるんだ。考えられんだろ。

|

« 和風堂玩具店 1/6 ぱにぽにだっしゅ! 橘玲 | Start | 5分で分かるシムーン/1・2・3じゅ~すぃ~ »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf いぬかみっ!・第22話:

« 和風堂玩具店 1/6 ぱにぽにだっしゅ! 橘玲 | Start | 5分で分かるシムーン/1・2・3じゅ~すぃ~ »