« 永久ねこにゃん輪舞曲 | Start | ゼロの使い魔・第7話 »

N・H・Kにようこそ!・第6話

そこを踏み出せないと脚本は書けんぞ。書け、書けよ、佐藤。
あー、今のお前は脚本にも向いてない。

岬のカウンセリングが続く。いいこと言ってるが読み上げるな。ありがたみが減る。で、その対処方法って「相手を見下す」って、それでええんかい。そして実践してますって言っちゃう岬。佐藤、見下してるって言われてるぞお前。天然な奴だな、岬。

何気なく岬が言った「山崎の彼女」が気になる佐藤。ひょっとしてあの佐藤ならフィギュアを指して「僕の彼女です」とか言ってるんじゃないかと思ったら、そっちではなかった。わざわざ代アニまで山崎を追って確認に行く佐藤。山崎が自分より遙か高みにいるのかもしれないと思うといてもたってもいられない様だ。

で、代アニの授業。
ほー、おお、なるほどああ言う授業やってるんだ。これは参考になるw

てのは置いといて、
目標の緑川七菜子登場。

ちょwwwwwww
アニメ声の典型として宍戸留美かw

が、例によって悪い女で(ヲイ)、まだ聞こえそうな近距離で山崎を否定。

七菜子を佐藤の前で彼女扱いしている山崎も痛々しい。
こりゃまた後で裏切りやがってとか荒れそうな要因だ。

ところで岬にこの事を話してみれば、それが目的でも代アニまで行ったのは凄いじゃないと言う。
果たして高度な戦略だったのか、それとも天然のなせる技なのか。

|

« 永久ねこにゃん輪舞曲 | Start | ゼロの使い魔・第7話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf N・H・Kにようこそ!・第6話:

» N・H・Kにようこそ!【第6話】「クラスルームにようこそ!」 [フカヒレ家]
シナリオに悪戦苦闘する達弘、恥ずかしい台詞が書けないでいた 岬と話しているうちに山崎に彼女がいる疑惑が生まれ 達弘は実態を確かめるために山崎の通っている専門学校に進入する 入り口で戸惑っていると見学生と間違われ授業を受けることになる 今回のテーマは会話 シナ..... [mehr]

verlinkt am: 14. August 06 15:51

« 永久ねこにゃん輪舞曲 | Start | ゼロの使い魔・第7話 »