« 国土交通省が国民の税金を使ってブラウザクラッシャーを作成・公開 | Start | 無敵看板娘・第1話 »

xxxHOLiC・第14話

白状すると今回のゲストキャラの中の人がEDクレジットまで思い出せなかった。喉まで出かかってるのに出なかった。これが歳と言うものか。そうだよ、うさだの声じゃないか。近くは姫路の声じゃないか。

と言う訳で、それが気になって気になって気になってw話に集中しきれなかった。
自分の言葉によって自分の運命を規定してしまうサクラコ。ヒラメの料理にきっと失敗する、落としたコンタクトレンズはきっと見つからない・・・・。ひょっとしてサクラコが妹カオルコと異なる性格は「でも妹は私と全然違うから」と言う自分の言葉に規定されているのだろうか。

なんて思ったらこの話後編に続くのか!

|

« 国土交通省が国民の税金を使ってブラウザクラッシャーを作成・公開 | Start | 無敵看板娘・第1話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf xxxHOLiC・第14話:

« 国土交通省が国民の税金を使ってブラウザクラッシャーを作成・公開 | Start | 無敵看板娘・第1話 »