« いぬかみっ!・第14話 | Start | まもって!ロリポップ・第1話 »

シムーン・第14話

礁国と嶺国が同盟を組み、軍事力に置いて宮国が劣勢に立たされる日が遠くないと考えるドミヌーラ。ではじり貧に陥るのを防ぐにはどうするか。神聖ニシテ侵スヘカラスなシムーンを解体し、ブラックボックスになっている部分の技術を新たに転用する事で優位性を保とうと言う。

ワポーリフはドミヌーラのその要求を一旦は退けるが、ある晩モリナスの寝込みを襲った後、機械である筈のシムーンを解体する。あーうー、ワポーリフの気持ちがよー分からん。なんでモリナスなんだ。一回だけ一緒にシャワーを浴びたのがそんなにアレだったのか、いや、そうでもあるまいに。


解体してみたシムーンのヘリカルモートリスは単なる螺旋状の機械。

と、ワポーリフが思っていたのがドミヌーラはそれを見て激しくも悲痛な叫びを。一体何を見たのだ、ドミヌーラ。他のシヴュラもその解体されたヘリカルモートリスを見たら同じ反応を示したのか。それとも解体を命じたドミヌーラだけなのか。

|

« いぬかみっ!・第14話 | Start | まもって!ロリポップ・第1話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf シムーン・第14話:

« いぬかみっ!・第14話 | Start | まもって!ロリポップ・第1話 »