« ARIA The NATURAL・第6話 | Start | ストロベリー・パニック・第6話 »

吉永さん家のガーゴイル・第6話

そりゃ擬人化されて言葉を話されちゃ食べられませんわね。今回、高原イヨが双葉の目の前でリンゴをざっくりやろうとしたのだが、目の前でざっくりもさる事ながら前回の野菜を食べ残したシーンだって皿の上にばらばら死体がのっているのイメージもあったろう。

謎のインド人(注:今回の彼のセリフで国籍不明になった)ヒッシャムの目的はガーゴイルを倒す事で名を上げて彼の錬金術による植物強化を他国に認めさせる為。それによって農作物の育たない彼の国の土地で食料生産をしようと言う。こいつも彼なりの正義を持ってやって来たのだ。ガーゴイル以外を傷つけるなと命令しているし。

でも、ガーゴイルを倒す事がそんなに他国の援助に結びつくんかい。

ハナ子の寿命が僅かなのをオシリスに取り込む事で発展解消する話になるのかなとちょっと思ったが違った。双葉は結局ハナ子とは別れなければならない。ハナ子は自分の寿命が尽きる事を双葉には直接話さずに双葉の兄に託すのだが、兄も辛いね。

|

« ARIA The NATURAL・第6話 | Start | ストロベリー・パニック・第6話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 吉永さん家のガーゴイル・第6話:

» (アニメ感想) 吉永さん家のガーゴイル 第6話 「もう君の歌は聞こえない」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
吉永さん家のガーゴイル〈3〉 イーハトーブ式交信装置を手に入れてからというものハナ子との会話を楽しむようになった双葉。しかし、イヨは双葉に装置は貸さないと言い出します。しかし、ハナ子に和己を紹介すると言う約束を守るためどうしても譲れないと双葉。そんな二人...... [mehr]

verlinkt am: 11. Mai 06 01:34

« ARIA The NATURAL・第6話 | Start | ストロベリー・パニック・第6話 »