« 涼宮ハルヒの憂鬱・第6話 | Start | 吉永さん家のガーゴイル・第6話 »

ARIA The NATURAL・第6話

オレンジプラネットの待遇良いなあ。メンチカツ1個で夕食だった私とは生活レベルがでっかい違いだなあ。

さて、同期から浮いているアリス。招待状にも「ご欠席」に丸印を・・・って、その招待状、文面はイタリア語(と思われる)で書いてありながら、お返事の方は日本語かよ!

一度入れなくなった輪に戻るのは大変。居心地の良い場所にずっと居るというのもありかもしれないが、若いうちはw別の場所にも色々入ってみるのがいい。

マー社長も頑張って頑張って頑張ってベッドに自力で登れる様になったじゃないか。
アリア社長にはでっかい不幸だがなw


今回、一瞬々々作画が頑張る時があるのだが、ちょっと気を抜くと緩い絵の場面が多かったなあ。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱・第6話 | Start | 吉永さん家のガーゴイル・第6話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ARIA The NATURAL・第6話:

» (アニメ感想) ARIA The NATURAL 第6話 「その 鏡にうつる笑顔は…」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
月刊ウンディーネ 1巻 姫屋特集号 静かなる目覚めの朝。眩しい朝日が部屋を包み込む至福の時間・・・。ここネオベネツィアに訪れた春も終わりを告げようとしています。そして、灯里、藍華、アリスの三人はいつものように合同練習。その後、「たまには」とアリスは自分の部...... [mehr]

verlinkt am: 20. Mai 06 20:51

« 涼宮ハルヒの憂鬱・第6話 | Start | 吉永さん家のガーゴイル・第6話 »