« 4月1日はアキバがでっかい大変 | Start | タクティカルロア・第13話 »

ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第1話

提供で早速ワロス
まじめな声で「ふしぎ星のふたご姫Gyu!は、楽しい時をつくる(ry」とか言うなよw Gyu!の所が違和感ありすぎ。「ふしぎ星のふたご姫、」にしか聞こえんよ。

この世界ではロイヤルワンダー学園を卒業しないと王位継承権が得られないのだそうだ。と言う事で、全寮制のロイヤルワンダー学園へ。トゥルース王とエルザ王妃もそこを卒業したらしい。そうか、そうか、寮で出会ってケコーンしちゃった訳だな。どこかの学園都市の大学みたいな所だ。

999システムの鉄道で学園星へ。同じ時に到着したセレブ星のエリザベータのお召し列車に落書きをするレインとファイン。顔と名前の刻印があるからと言ってなんで自己紹介を書く場所だと思うのかその発想が分からん!w

王族っぽく登場するエリザベータ。どちらかと言うとこれが本来の王族じゃないか。ふしぎ星の王族の行動はどう見ても地方領主程度だ。エリザベータ様の褒美ほしーw

入学してみたロイヤルワンダー学園はトゥルース王やエルザ王妃が言っていたのと様子が違う。なんだかいやに細かい校則に縛られた学園で一応その象徴が教頭の様に描かれているが、それよりも黒幕っぽいのがワルプルギス(をい、なんだこのネーミング)星のトーマ。黒ブライトと違ってこいつは本気の悪気を持っていそうだ。嘗てのブウモの様に。

いきなり第1話でソレイユベルを鳴らしてしまって変身して新しいオモチャを獲得するファインとレイン。
ひょっとしてソレイユベルを鳴らせる心を持てば他のプリンセスも変身出来る日が来るのか?


ところで前作に輪をかけてダンスシーンが気持ちをぶっこぬく絵に。
やはりふたご姫はダンスを抜きには語れない。

で、なんでEDが学園天国なんだよー
えらくナツカシス

|

« 4月1日はアキバがでっかい大変 | Start | タクティカルロア・第13話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!・第1話:

« 4月1日はアキバがでっかい大変 | Start | タクティカルロア・第13話 »