« 半分の月がのぼる空・第1話 | Start | ローゼンメイデン トロイメント・第10話 »

舞-乙HiME・第14話

ロムルス・レムスたら、ローマ共和国の始祖かよ。
オトメの傘の下に平和が保たれていたってまるで核だなw ところが自分達がそう言う役割を果たす物だと言う自覚がないままガルデローベに入学した連中が多い様だ。ヤヨイ・オールターとミーヤ・クロシェットがナーバスになっている。

他方アリカはこの間からすっかり色ボケ状態。往年のあの馬力は一体どこへ行ってしまったんだ。おかげでツッコミ役のニナの影がすっかり薄くなってしまっているではないか。

15年前に起きたと言う出来事を探っているウォンは、当時の宮廷女官から蒼天の青玉を持っている方が真の王女と告げられる。それがそのままならアリカが王女でマシロがオトメの子と言う事になるが、ひょっとして終盤でマシロ大化けが期待できるのだろうか。


とりあえず、そのまえに直近でアリカのオトメが大ピンチだが。

|

« 半分の月がのぼる空・第1話 | Start | ローゼンメイデン トロイメント・第10話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 舞-乙HiME・第14話:

« 半分の月がのぼる空・第1話 | Start | ローゼンメイデン トロイメント・第10話 »