« 説明書はちゃんと読みましょう | Start | 舞-乙HiME・第2話 »

苺ましまろ・第12話

日常を描いてきた苺ましまろの最終回。日常的なクリスマスで終わった。
微妙に日常的ではない気もしたがw

2日続けて雪かきをしなくてはならないなんて結構な降雪地帯ではないか。あまり東京っぽくない。大体、千佳がサンタクロースを夢見て伸恵がプレゼントを持って行ったクリスマスも雪が積もっていたと言うかなりの頻度でクリスマスがホワイトクリスマスな地帯なので全然東京っぽくない。

伸恵は子供達にはあんなに優しいのに、バカップルに「シングルは」とか言われて回し蹴りするとは、随分とまた見せる顔が違うなあ。

そして冬来たりなば春遠からじであっと言う間に桜の季節となり(あのカレンダーは3月・4月・5月の3ヶ月カレンダーだった。ちょっとめずらしい)、ほんの少しだけ変化をはらみつつまた日常が始まる。

|

« 説明書はちゃんと読みましょう | Start | 舞-乙HiME・第2話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 苺ましまろ・第12話:

« 説明書はちゃんと読みましょう | Start | 舞-乙HiME・第2話 »