« おねがい マイメロディ・第28話 | Start | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~・第2話 »

銀盤カレイドスコープ・第1話

たまたま事前に「美人だが、愛嬌はゼロ」とか「性悪ヒロインの最凶伝説」とかを知ってしまったのでヒロインの桜野タズサはもっともっと仏頂面(レイラさん並にw)してるのかと思ったら、私生活では結構表情が豊かではないか。て言うかこんなにギャグな作品とも思っていなかった。

最初飛行機の曲芸飛行がなんで平行して画面に出るのかと思ったら、タズサの頭の中に声が響いた時点でひょっとして憑依かよと気づいた。アニメとしては順当な展開(順当なんだろうか)なのだが、現象面だけを見るとすんげーやばい状態だと思う>タズサ。

このままだと継続して100日間幻聴(憑依したと言うピートの声)が聞こえる訳で、これはDSM-IVにおいて統合失調症と判断される大きなポイントだ。普通ならコーチの高島はタズサを精神科に連れて行ってやらないといかんだろう。

と、まあ、そんな野暮はおいといて、少女マンガによくある男の子が身体の中に入っちゃった状態になってしまった訳だ(原作は少女マンガではないそうだが)。このあと恒例のお着替えだの風呂だのトイレだの(来週はトイレ問題らしい)の騒ぎの洗礼があるのだろうか。

さて、ここで気になる噂が。
実況でみかけたのだが、「監督の高松信司が第1話が勝手に韓国に丸投げされたのにぶち切れして監督を降りた」と言う何一つソースの無い噂が流れている。私としてはキャラクターデザイン/総作画監督:牧内ももこと言う方に期待していて、あのぴちぴちピッチの序盤を支えてくれた牧内ももこがキャラデザなので少なくともしばらくは暖かく見守って行きたいと思う。

ああ、あと脚本に高橋ナツコが居るのも期待大かもw

|

« おねがい マイメロディ・第28話 | Start | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~・第2話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 銀盤カレイドスコープ・第1話:

« おねがい マイメロディ・第28話 | Start | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~・第2話 »