« 独裁国家中国、「自由」「人権」「民主主義」を排除 | Start | 夏のアニメ新番組 »

いちご100%・第11話

先週登場の辛口ポップコーン女の外村美鈴が新入部員として入ってくる。これが外村の妹な訳だが、外村も外村であの憎たらしさが可愛いとか言ってお前は妹萌えかい。

Bパートは何をどう決断したのか分からないが、淳平のアフォがさつきにプレゼントを自分では渡しておいて、自分の番の時には受け取れないとか言い出す。こんなプレゼントで泣くなんてなどと、淳平、お前はさつきを分かっていなさすぎだ。このアニメの中ではさつきに一番肩入れしたくなってしまう。小林沙苗声ってのにも弱い。あの声を震わす感じの時がいいんだよね。


プログラム上、来週が最終回だ。後番に「かみちゅ!」が決まっている。とてもラス前の回とは思えない。この期に及んでキャラが一人増えるし、淳平は女の子を二人泣かすし、作画はアレだし。一体どういう気持ちで制作側はこのシリーズを作ってきたのやら。

|

« 独裁国家中国、「自由」「人権」「民主主義」を排除 | Start | 夏のアニメ新番組 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf いちご100%・第11話:

« 独裁国家中国、「自由」「人権」「民主主義」を排除 | Start | 夏のアニメ新番組 »