« 文化庁の著作権契約書作成支援システムが著作権侵害 | Start | 極上生徒会・第8話 »

魔法先生ネギま!・XXI時間目(第21話)

今回がネギま!のクライマックスかな。絵も安定していたし話もそれなりに盛り上がったし。それなりにね。それにしても関西呪術協会の総本山がいともたやすくやぶられるのはあまりにも情けない。だめじゃん、詠春、ぷんすか。

幼い子供の頃、木乃香を自分の力では助けられなかった刹那が今度こそはと頑張るのだが、そのシーンで刹那のスカートがめくれあがって黒スパッツが。肝心のシーンで視聴者の気を逸らしちゃだめだろw

木乃香の魔力を利用して敵が圧倒的な勝利をおさめそうな瞬間、


エヴァンジェリン
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!


先週の展開で来るだろうとは期待していたが、ノリノリでイイ役をかっさらっていった。いいぞ、エヴァンジェリン!

次回予告が、最初と最後が青空をバックにした明日菜でお気楽なナレーションとは反対にいかにもお別れっぽい演出だったのが気になったなあ。


今回のサブタイは「Nil desperandum!」。赤松健作品総合研究所によると「希望を捨ててはいけない」。nilが「決して...ぬ」の意味。

|

« 文化庁の著作権契約書作成支援システムが著作権侵害 | Start | 極上生徒会・第8話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 魔法先生ネギま!・XXI時間目(第21話):

« 文化庁の著作権契約書作成支援システムが著作権侵害 | Start | 極上生徒会・第8話 »