« KSSどうした | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-31 »

こいこい7・第8話

哲郎、また女装。メイド喫茶の手伝いったって哲郎のすぐ隣には飛鳥ヤヨイがいただろう。何故ヤヨイにやらせぬ。ヤヨイは役に立たない子なのか。と無理矢理連れて行った割にはメイド喫茶はテーブル1卓につきひとりメイドが付くほどメイド沢山いるし。

そこへアスカヤヨイがやって来て哲郎を連れ出す。この様に。
参考資料:こいこい7
ヤヨイの右手は哲郎の右手を握って走っている。遠近法のせいで哲郎がヤヨイの左側背後に居る様に見えるのではなく、次の画面を見て分かる様に実際に左背後に居るらしい。
参考資料:こいこい7
そしたら最初の手の握り方はありえんじゃん。

セロニアス28号ことアスカヤヨイは飛鳥ヤヨイを消す事で自分が唯一のアスカヤヨイたらんとする。もう守るのは哲郎だけでいいと言うのだ。ここら辺、説明が足りなくて何だかおかしい。元々「地球全体をカバーする監視防御システムの一部」だったセロニアス28号が何で飛鳥ヤヨイと哲郎を見守るロボットになったのか、それが分からないと守るのは哲郎だけに、と言うセリフの意味に実感が伴わない。そして何かキーになりそうな飛鳥ヤヨイの説明が無いからますます意味がすっきりしない。説明を棚上げにしてる物が多すぎじゃないのか。原作もそうなのか。

結局その謎な飛鳥ヤヨイの力でセロニアス28号が壊れてしまう。しかし哲郎のたっての願いで復活させられるのだが、身体がオトメの予備で初期化してインストールったらもうすっかり別物じゃん。つか、なんで頭部だけセロニアス28号のが、しかもょぅι゛ょ体型に合った頭部があるねん。

|

« KSSどうした | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-31 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf こいこい7・第8話:

» こいこい7 第8話 なめくじ夫人の逆襲 [いぬ日記]
● こいこい7 第8話「女神覚醒!?光と影のアスカヤヨイちゃんです〜」。第1話からところどころ出てきた山田さん。本気でレズです。書く本も、官能小説。第6話で「エロじゃなくて芸術」と力説してたのも、再登場ぉーー。 ● この人、すごいバウね。大好きな松来未祐だし。メインの物語には絡んでこないだろうけど、毎回楽しみにしてしまうバウ。 ● アスカヤヨイ、幼女になっちゃったよ!すっげーかわいい! ● 関連リンク 「これは馬鹿アニメなんだ!これは馬鹿アニメなんだ! 今シリアスやってるけど、俺達の本分は馬鹿アニ... [mehr]

verlinkt am: 27. Mai 05 13:57

« KSSどうした | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-31 »