« サッカー日朝戦が第三国開催になった事について、明日の朝日の社説が予想されている件について | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-28あるいは脚本家と視聴者の意識がズレすぎている件について »

ふしぎ星の☆ふたご姫・第5話

プリンセスパーティーも早くも2回目。キャメロットは今度こそ優勝と意気込んでいるが、二人はあまりそのつもりは無いみたいだ。飛行船の中でのお着替えで済まそうとしてるし。

パーティ会場ではアルテッサが宝石を陳列中。デス種種種の国のプリンセスが物欲しそうに羨ましそうにそれを見ている。ここでレインとファインはさっそく販促開始。先週貰ったデコールメーカーでネックレスを作ってあげるのだ。くるくる回すだけでネックレスとは、「※実際の製品ではそのままネックレスにはなりません」とか注を入れなくていいのか。

そんな中、ちょっと目を離した隙に(本当にちょっと)アルテッサの宝石が盗まれてしまう。まああの位置なら種種の国のプリンセスが疑われても仕方ないが、それを露骨に言ってはプリンセスらしくないぞ、アルテッサ。

この事件の解決の為にレインとファインは変身してコロッケを作る。なぜコロッケ、と言うのはめらめらの国の王様が代弁してくれるw。どうでもいいが、衆人環視の中で変身してコロッケを作ったと言う事はもうあの変身後の姿は各国公認と言う事で良いのか。

結局このコロッケはめらめら鳥をおびき寄せてそれを気絶させて犯人を割り出すと言う、まるでホウ酸団子の様な役割を果たす。そんなコロッケをめらめら国王とキャメロットに食べさせてしまうとは何という事だろう。もっとも王室関係者がコロッケを見てすぐに手を出すのもどうかと思うが。


そんな国王にあんな王妃様。
地位と権力は絶大と言う話か(違

|

« サッカー日朝戦が第三国開催になった事について、明日の朝日の社説が予想されている件について | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-28あるいは脚本家と視聴者の意識がズレすぎている件について »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ふしぎ星の☆ふたご姫・第5話:

« サッカー日朝戦が第三国開催になった事について、明日の朝日の社説が予想されている件について | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-28あるいは脚本家と視聴者の意識がズレすぎている件について »