« ブログで○○しない為の方法 | Start | 中国はお付き合いに値する隣人ではない »

こみっくパーティー Revolution・第2話

補習は大庭詠美以上1名です。
うーむ、流石、大庭カ詠美。しかし、一人の為に補習をやる先生はもっと大変だ。

このこみっくパーティー Revolutionは第1話の発売が2003年12月28日だそうだ。既に普及を始めたとは言えまだ結構な値段がした薄型TVを既に詠美は部屋に置いている。流石こみパ大手は財力が違う。その一方で電話が固定電話と言うのがちと古いが。

ただ、今回の話の内容は極めて単純で、詠美が海に行きたい行きたい行きたいと懊悩してその過程で補習の為に学校に行っている事がバレない様に睨み付けると言うものだ。折角大志が勘違いしたのだからもっと変な事になれば良かったものを。詠美の部屋の中まで監視カメラで見てる事だし(かなりヤバイ気もするがw

途中で出てきた水着シーンってゲームで出てきた水着シーンだったっけ?千紗がおにぎりをたべようとしてる場面が印象に残っているのだが。

で、詠美と由宇は海に行ってないんだったっけ?
いや、もう忘れたな、流石に。

|

« ブログで○○しない為の方法 | Start | 中国はお付き合いに値する隣人ではない »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf こみっくパーティー Revolution・第2話:

« ブログで○○しない為の方法 | Start | 中国はお付き合いに値する隣人ではない »