« 太陽誘電がCD/DVDメディアは中国工場ではなく日本国内で生産と告知 | Start | 極上生徒会・第3話 »

いちご100%・第3話

泉坂高校にかろうじて補欠合格した真中と小宮山。まあね、真中は受験中あんなありさまだったから補欠でもよくもまあ合格したものだと言いたい。そして卒業式の日の真中の妄想が激しい。いくらこの手の話のお約束とは言え、妄想でポーズまでするなよ。まあこのアニメ自体が妄想みたいな内容だが。

一方西野つかさは泉坂に行かない事にする。真中の東城に対する気持ちに気づいたからだ。高校は別になってアプローチするのだと言う。真中の補欠合格分はきっと私の分だと言うセリフは真中の心に響いたかもしれない。

南戸唯登場。

ってなんで同じベッドの中にいるんだ。どんなアニメでも少しは理由をこじつけようとするじゃないか。ここでは理由付けも無しかよ。

高校受験の為に1年前の春休みに下見か。そこまでするか、高校に。

|

« 太陽誘電がCD/DVDメディアは中国工場ではなく日本国内で生産と告知 | Start | 極上生徒会・第3話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf いちご100%・第3話:

» いちご100%第3話「思い出の第2ボタン/春の嵐は幼なじみ」 [遊!悠♪自的★  -ハ〜イ!こちら能みそ解放区です- ]
Aパート 思い出の第2ボタン 「これが、あたしの中学時代の思い出。」 ◆ふわ〜〜ん、こんなこと女の子に言われて、昇天したい妄想癖の持ち主 どうも。桃尻仮面です。小生は、中学卒業時、第2ボタンどころか、すべてのボタンがきれいに残っておりましたとさ。つかさちゃん..... [mehr]

verlinkt am: 20. April 05 23:49

« 太陽誘電がCD/DVDメディアは中国工場ではなく日本国内で生産と告知 | Start | 極上生徒会・第3話 »