« 3万円台の19インチ液晶:人柱 | Start | まじかるカナン・第11話 »

機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-22

既にオノゴロ島とか出ていたがオーブがどんどん日本化して行く。今度は空母タケミカズチ登場。ところでこれって「武甕槌神」の事ならタケミカヅチの方が正しい様な気がするがどうよ。そのうち自由護衛艦アマテラス、戦艦アマノハラも出るかもねw


そのオーブ軍だが、首長国連合だからか知らないがどう見ても文官を作戦司令に据えるとはダメすぎだろう。自殺行為だ。もっとも、水上艦が敵の陽電子砲の射程内で作戦行動をとっている段階でもうダメかもしれない。あれじゃ撃ってくれと言わんばかりじゃないか。案の定、あわやタンホイザーの餌食になりそうになるが、フリーダムがミネルバのタンホイザーを撃ち抜いて難を逃れる。ミネルバもミネルバで、フリーダムがあそこまで近づくまで気が付かないとはどう言う事だ。


スタオペが手本になるとは言わないが、地球連合もザフトもお互い、もうちょっとマシな戦闘を行え。

|

« 3万円台の19インチ液晶:人柱 | Start | まじかるカナン・第11話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-22:

« 3万円台の19インチ液晶:人柱 | Start | まじかるカナン・第11話 »