« 朝鮮総連の犯罪を隠す毎日新聞 | Start | クレンペラーのガイドライン »

まほらば・第3話

大家さんの今回は第3の人格金沢魚子ちゃんの話。6歳になりきってるのだが、6歳ってあんなに幼かったっけ? 絵本を読んで欲しいのだそうだから、読んでやれ、読んでやれ。


膝に乗せてw


クレヨンか何かを渡したら、絶対紙からはみ出して描くだろうなと思ったらやっぱりそれやった。期待を裏切らない子供だ。しかし、6歳の子供って紙から自由にはみ出して絵を描くだろうか。

大家さんが元に戻って、漸く正規の全員紹介。とは言え既にだいぶ露出していたし、おためし天国見ちゃったしであらかた分かってる内容だった。それにつけても、朝美は何度見てもデジコがToHeartの制服を着ている様に見えて仕方ない。


ところで恵は隆士が大家さんの別の人格の事を喋ろうとしたら止めに入った。大家さんは他の人格の事を知らないらしい。しかし、今は恵がそこら辺の辻褄合わせだのの面倒を見ているが、恵が出会う前の大家さんはどうしていたのだ?

よく今まで普通に暮らせて来たものだ。学校ではどういう事になっているのだろう。

|

« 朝鮮総連の犯罪を隠す毎日新聞 | Start | クレンペラーのガイドライン »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf まほらば・第3話:

« 朝鮮総連の犯罪を隠す毎日新聞 | Start | クレンペラーのガイドライン »