« 学園アリス・第11話 | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-15 »

ケロロ軍曹・第42話

ケロロ 赤き血のケロロ小隊

元ネタが赤き血のイレブンらしいのだが、見てないので分からない。
ケロロ11なんて言った時に「11人いないじゃん、5人じゃん」と思ったのはまだまだ修行が足りなかった。そうだよね、4人だ。それほどに存在感の無いやつがいくら分身しても11にならんのじゃないか? 0×11=0だろ(を

実況で「効果音も翼かよ」とか書かれていたが、ダメだ。C翼も見てねー_| ̄|○

地球代表と言ってる割にはチーム名が「ポール・ジャパン」。流石、デス種と言い、アニメの世界では世界を支配しているのは日本だ。そのポール・ジャパンとケロロ11の対決が西澤私有競技場で行われる。試合には大観衆が・・・大観衆・・・大観衆にケロン人の姿をありありと見せていいのか。


タママ 友情の嫉妬シュート!

一人で練習をしていた少年にサッカーを教えようと神になるタママ。あー、神が嫉妬シュートとか言ってちゃダメじゃん。嫉妬シュートで少年のサッカーボールを粉砕してしまったタママ。翌日ちゃんと代わりを持ってくると言って別れる。で、その代わりのボールが同じメーカーのを入手するのかと思ったら、流石西澤財閥、破片をかきあつめて元のボールを復元しやがりますの。ギャラリーフェイクの藤田か。

だが、その日は雪の降りしきる晩。翌日タママが行ってもそこには少年の姿が無い。翌日もまたその翌日も少年の姿は無かった。そして雪が溶けた後にはおたまじゃくしの神様に「ごめんなさいと さようならと」の文字が残されていた。雪が降り積もってそれまで見えなかったのだ。

ああ、ええ話やねえ。

復元したボールを受け取った少年がみごと「しっとしゅーと」を決めるが、嫉妬と解釈されないのに怒る神様タママ。
いや、あの少年のは確かに嫉妬じゃないしw


少年の中の人が小林沙苗なのか浅野まゆみなのか絶対音感勝負が分かれたが、浅野まゆみだった。
負けた_| ̄|○

|

« 学園アリス・第11話 | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-15 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ケロロ軍曹・第42話:

« 学園アリス・第11話 | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-15 »