« 中国大使館によるNHKへの脅迫行為 | Start | AIR・第1話 »

舞-HiME・第14話

釣り橋を破壊したのは何か。生徒達の間でも動揺が走る。
「どっかのミサイルだったりして」

(・∀・)ソレダ!!

いやw違うんだけど。
だが、昨今の情勢から行くとこれが一番ありそうで嫌だ。何しろ相手は普通じゃない国だ。国家が組織だって他国民を拉致する所だから、いきなりミサイル攻撃したって不思議ではない・・・・あれ?現実の話にずれちゃってるぞ。

黄金艦隊上陸。

「せせんしゃ?」
あれは戦車ではない。ましてや「せせんしゃ」と言う兵器でもないw

シアーズの私兵が学園を占拠。空母を持ってるくらいだから金はたっぷりあるらしい。これだけの部隊を動かせるのだから。もう力ずくでHiMEを捕まえようと言う作戦らしい。しかし、そう言えばこっちではHiMEがヴァルキューレかい。ヴァーグナー大人気だな。もっとも北欧神話などが元だからヴァーグナーに限る話でもないのだが。

少なくとも今のところHiMEではない(そしてこの先も違うかも知れない)遙、生身で装甲車両と対決するとは流石だ。こんなまっすぐなキャラ好きなんだ。


ほとんどのHiMEが脱出して7人は真白の所に辿り着けた様だが、果たして「この代償は高くつく」と言う反撃をできるのだろうか。

|

« 中国大使館によるNHKへの脅迫行為 | Start | AIR・第1話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 舞-HiME・第14話:

» お宝は流れ流れて [Wein, Weib und Gesang]
ラインの黄金の指輪の話を、「子供の不思議な角笛」で読むと、これはかなり地方色豊かな話となる。これらは、「ニーベルンゲンの歌」伝説によるようだ。13世紀の手書きの... [mehr]

verlinkt am: 17. März 05 22:32

« 中国大使館によるNHKへの脅迫行為 | Start | AIR・第1話 »