« ソニー社員がNDSを貶める工作を? | Start | スウィート・ヴァレリアン・第18話 »

機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-10

今回はデュランダル議長がアスランに対して、いかにプラントが戦争を回避したいと思っているか、しかし地球連合の無理矢理な開戦と無慈悲な核攻撃でいかにプラントの国民を押さえ込むのが困難かを蕩々と述べる話。


話、長すぎ。回想、大杉。


シャア声(池田秀一)であまりにいい人発言をするので、どうにもまともに受け取れない。だが、今日話した内容はまっとうな内容だ。それにニセラクスを利用しているのも隠していない。もっとも、アスランにラクスの件で嘘を付いても騙せる訳がないと考えての事なのかもしれないが。


そして、その偽ラクス。ラクツーともラクス(乳)とも言われているミーア・キャンベル。よく喋るのでうざいとか言う反応が実況でも多かったが、私としては個人的に本物より好感する。なんと言うか、言ってる事が偽善にしか見えない本物ラクスより、現実味のあるキャラのミーア・キャンベルの方が良い。


さて今回も、とーーーーーっても影の薄かったシンだが、実況で以下の様に言われても最早仕方ないだろう。

▼1593 名無しになるもんっ♪ 2004/12/18(土) 18:26
22分の予告編におつきあいありがとう!!
 
さあ、そろそろ本編だぞみんな!シンの活躍に注目だ!!
さあ、そろそろ本編だぞみんな!シンの活躍に注目だ!!
さあ、そろそろ本編だぞみんな!シンの活躍に注目だ!!
さあ、そろそろ本編だぞみんな!シンの活躍に注目だ!!
さあ、そろそろ本編だぞみんな!シンの活躍に注目だ!!
 
15秒だけだから見逃すな!!!!
▼1904 名無しになるもんっ♪ 2004/12/18(土) 18:27
今日のシンの出番を
 
 見 逃 し ま し た ー !!

|

« ソニー社員がNDSを貶める工作を? | Start | スウィート・ヴァレリアン・第18話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-10:

» ガンダムSEED DESTINY・第10話 [☆アニメの世界へ☆はじめの一歩☆]
「父の呪縛」 地球からも核の光ってわかるんですね・・・。 プラントもアスランも大 [mehr]

verlinkt am: 19. Dezember 04 16:31

« ソニー社員がNDSを貶める工作を? | Start | スウィート・ヴァレリアン・第18話 »