« 学園アリス・第6話 | Start | スウィート・ヴァレリアン・第16話 »

機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-08

オーブに戻ったカガリだが出迎えたのはいかにもオーブの権力を狙っていそうなセイラン親子。息子のユウナ・ロマ・セイランはカガリに取り入ってる様がいかがわしい。しかもアスランを見下しているし。しかし、アスランの正体には気づいていない様だ。

で、魔乳と虎登場!
さっそく実況のサーバが飛ぶw

魔乳も偽名でモルゲンレーテに所属中。タリアとの初対面の場面で副長が魔乳の魔乳に鼻の下を伸ばしているのが笑える。

さて、オーブの方は宰相ウナト・エマ・セイランの主導で大西洋連邦の唱える同盟条約を結ぼうとしている。あれだけの惨害を受けたのならオーブのみならず地球側の世論がプラントに対して硬化するのは当然だろう。ましてやカガリの話術では説得力が低すぎる。

そんなカガリに別れ際にアスランが指輪を
「こう言う指輪の渡し方ってないんじゃないか!?」
いや、できすぎw

すっかり影の薄い主人公シン(主人公だよね?)だが、今回キラと対面する。
ようやく、禅譲の儀式が行われてこれからは主人公らしさを発揮するのだろうか。


大西洋連合、ならびに同盟国によるプラントへの最後通牒キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!
普通の条件ならあのデュランダル議長は受諾するだろうが、よっぽどの条件が書いてあるのではないか?

ハルノートみたいなw

|

« 学園アリス・第6話 | Start | スウィート・ヴァレリアン・第16話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・PHASE-08:

» Criticality [菅野重工業]
先週の件もあり日に日にフィクサー指数が上昇の一途を辿っているデュランダル氏ですが、 本日は出番無しでした。 今日は「PHASE-08 ジャンクション」というタ... [mehr]

verlinkt am: 04. Dezember 04 22:52

« 学園アリス・第6話 | Start | スウィート・ヴァレリアン・第16話 »