« 神無月の巫女・第11話 | Start | やはり4:3では画面が狭いローゼンメイデン »

φなる・あぷろーちと双恋が良い具合になって来た件について

後半になって両方とも良い感じになって来た。始まった頃はこりゃだめかと思ったのに。

φなる・あぷろーち

第11話「大発動!! 愛と無情の召還状!」の西守歌ってマジ泣きなのか?シリーズ前半で腹黒女の印象を強く刻まれたから3%程度の疑念を払拭する事がどうにも出来ない。その3%が無ければどっぷり浸かれたのに。罪な作りだな。


双恋

第6話「夏のロケット」あたりから望が実在感のあるキャラになって来て、見られる話になった。沙羅・双樹の話は一過性のキャラの寂しさが漂って良い感じに盛り上がって来て、先週の第10話「トライアングル・クリスマス」で望に本当の葛藤が現れて不覚にも双恋の展開を案じる様になってしまった。

|

« 神無月の巫女・第11話 | Start | やはり4:3では画面が狭いローゼンメイデン »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf φなる・あぷろーちと双恋が良い具合になって来た件について:

« 神無月の巫女・第11話 | Start | やはり4:3では画面が狭いローゼンメイデン »