« 薔薇人形の座り方 | Start | φなる・あぷろーちと双恋が良い具合になって来た件について »

神無月の巫女・第11話

百合アニメも最終章。

こうやって見るとやはりロボットはこのアニメには要らないと思うのだがどうだろうか。最後の決着は姫子×千歌音で行われる。剣を交える千歌音に何の迷いも無いのでオロチに操られているとかは思えない。だが、最期の一瞬でかすかな嘗ての記憶を呼び覚ました時、姫子の剣に貫かれてしまう。

それはそれで巫女の片方をもう一方で倒したのだからオロチの思うつぼの様な気もするが、最終回はどうするのだろう。


話は全然変わるが、表現手段だから仕方ないとしても、何で災厄が世界中に訪れる時、名勝旧跡ばかり狙うかね。国内では何度東京タワーが破壊されたか分からないが、国際的にはビッグベンが一番被害が多いかなw


たまにはちょっとだけはずしてブランデンブルク門とかどうよ。

|

« 薔薇人形の座り方 | Start | φなる・あぷろーちと双恋が良い具合になって来た件について »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 神無月の巫女・第11話:

« 薔薇人形の座り方 | Start | φなる・あぷろーちと双恋が良い具合になって来た件について »