« 糞ブログだからありがちな言葉 | Start | 舞-HiME・第10話 »

KURAU Phantom Memory・第22話

前回の最後に出てきたGPOの部隊は靴にだけリナクスエナジーをしこんでいたのかと思ったら(ブルーエナジーで動く車の様に)、そうではなくて完全にリナサピエンになっていたのか。そう言う訳でクラウとGPOの部隊とでリナクス戦が行われる。多勢に無勢なのだが、アヤカのARシステムの攻撃で囲みから脱出出来る。皮肉なものだ。

クラウとクリスマスが逃がそうとしたヴィントとレーゲルはGPOに囲まれてレーゲルが犠牲に。せっかく人の気持ちを取り戻したレーゲルであったのに、レーゲルからリナクスが溢れ出してしまう。クラウとクリスマスがそれを元の世界に戻してやるのだが、ヴィントの悲しみは深い。そしてヴィントも自分が前に犯した行為を悔いるのだった。

クラウはもう逃げずに立ち向かう事を決心するのだが、果たしてGPOにどうやって立ち向かうと言うのだろう。これ以上犠牲者は出したくないと言うが、果たしてその望みは叶うのだろうか。

|

« 糞ブログだからありがちな言葉 | Start | 舞-HiME・第10話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf KURAU Phantom Memory・第22話:

« 糞ブログだからありがちな言葉 | Start | 舞-HiME・第10話 »