« スクールランブル・第7話 | Start | Sleipnir、盗難に遭い開発中止か? »

tactics・第7話

今回は春華の「試し」の話だった様だが、なんだか脚本のキレが悪くて途中まで何この超脚本、と言う雰囲気だった。一応冒頭で猿回しの話をしておいて、それなりの示唆をしているのだが、Aパートの勘太郎の春華への仕打ちは単に嫌なヤツになってる。そんな事をしておいて、きっと来てくれるはないだろう。

さて、今回の猿回しの話で猿をあれだけ慣らすには大変だ何しろ相手は動物だからね、と言われて「へー」とか言っているヨーコなのだが、いや、お前も実は狐じゃないのかと突っ込みたくなった。
実際次回予告ではヨーコが家出して外の世界で狐になってる様な場面が出てるし。


ところでtacticsの時代って明治なのか?
同時代的に明治政府なんて事を喋っていたので、どうも明治の様な雰囲気。しかし、するとますますレイコさんの服装が現代すぎると思う。

|

« スクールランブル・第7話 | Start | Sleipnir、盗難に遭い開発中止か? »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf tactics・第7話:

« スクールランブル・第7話 | Start | Sleipnir、盗難に遭い開発中止か? »