« 神無月の巫女・第6話 | Start | 淘汰した10月新番組 »

うた∽かた・第6話

一夏の好きな方って誓唯の方だったんだね。
その誓唯がお隣の沙耶と二人っきりで何か話している。非常に気になる訳だ。それで様子を窺っているが気づかれそうになって逃げる時に誓唯から貰った首飾りを引っかけて慌てて取れなくなって引きちぎって帰って来てしまう。

せっかく貰った首飾りを失った気持ち、誓唯に知られたかも知れない怖れ、そして何よりもその誓唯が沙耶とどんな関係なのかと言うので頭がいっぱいなんだろうな、一夏。


今回の皐月・蛍子・未知留の3人の様子だと少なくとも表面上は皐月は元の雰囲気に戻った様だ。そして一夏と一緒の夏休みを精一杯過ごそうと確認している。一夏、夏休み明けとともに鎌倉を去るのか? 3人は未だ知らない様子だが。

|

« 神無月の巫女・第6話 | Start | 淘汰した10月新番組 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf うた∽かた・第6話:

» うた∽かた 第6話 あの日 無くした笑顔 [いぬ日記]
● うた∽かた 第6話「濡肌の微熱」。いわゆる、「謎で引く」話の展開。だけど、全然鼻につかない。めっちゃ!おもろい。 ● 主人公、一夏(いちか)のココロの動き... [mehr]

verlinkt am: 09. November 04 11:59

« 神無月の巫女・第6話 | Start | 淘汰した10月新番組 »