« 魔法少女リリカルなのは・第6話 | Start | うた∽かた・第6話 »

神無月の巫女・第6話

今回は百合分が多くて堪能しますた(評価ポイントはそこか

千歌音と姫子の出会いってそんなに近い過去だったのか。もっと幼い頃からの絆かと思っていた。で、姫子は最初は千歌音がそう言う家の娘とは全然知らずに接していたのだね。迷い犬の探索でそれを知るが。

出来れば、千歌音の家の事を知ってよそよそしくなった姫子が再び千歌音と普通に話せる様になる過程を止め絵などではなく語って欲しかった。それ位百合アニメなら当然だろう。

もうね、千歌音は黙っていないで本当の事を言って楽になっちゃいなさいとも思うが、そうするとこのじりじりしたおもしろさが無くなってしまうので、それはそれでジレンマだ。でももし姫子を押し倒すなら是非浴場で。因みに、あれはサービスシーンではなく、神事を執り行う前の斎戒沐浴シーンなのだろう、きっと。


それにしても、その辺りの事情が二の首に丸見えされてるとは情報だだ漏れで、そんな事では勝ち目がないぞ。

|

« 魔法少女リリカルなのは・第6話 | Start | うた∽かた・第6話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 神無月の巫女・第6話:

« 魔法少女リリカルなのは・第6話 | Start | うた∽かた・第6話 »