« ケロロ軍曹・第29話 | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・第2話 »

ぴちぴちピッチピュア・第29話

もうね、ぴっち面白すぎ。これが年内で終了なんて惜しい。惜しすぎる。

実況で

▼3537 名無しになるもんっ♪ 2004/10/16(土) 08:25
今日のピッチ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>10月新番組全部
▼3539 名無しになるもんっ♪ 2004/10/16(土) 08:25
ぴっちの脚本にかなう作品なし

と書かれるのもむべなるかな。

同じ週末朝のアニメでも、女児玩具売る方向に色気を出して、高年齢層を切り捨てたとしか思えない脚本にしているプリキュアとはまるで正反対だ。だが、このピッチの脚本でも子供は満足してるのではないか?予測にしかならないが、ぴっち脚本の根本は単純だから。と言うか、最近はデムパ脚本を完全に逆手に取ってるとしか思えない気もする。

冒頭でいきなりヒッポがマイクを持ってマメプリに変身してライブスタートするし。それが夢オチなのだが、これが後半で正夢になるのだ。単純だが、うまい演出と相まって滅茶苦茶笑える。実況でも今回最高に盛り上がったのがこのヒッポのライブステージだ。

作戦立案の為にナポレオンフィッシュを召喚。名将ナポレオンにあやかろうと言う作戦だが、このナポレオンが立てる作戦が適当なのにちゃんとツボにはまる。はまるのだが、その度にマーメイドプリンセス達が変身後の姿で登場してたちまち蹴散らされる。お前ら(マメプリ)それ手ぐすね引いて待ってるのとちゃうんか。美人局しとるんと違うんか。
蘭花の時などひどいもので、結局ヒッポは落とし穴に落ちていないのに、「罪もない散歩をしてる人を落とし穴に落とそうなんて」「絶対許さない」「覚悟しな」と歌攻撃をしかける。穴に落ちてる蘭花に。


落ちてるのは蘭花ですよ、お前ら


なんだかんで言ってヒッポを拉致して待ちかまえてる先は、お約束の1階に1人づつ待ちかまえている「あからさまに怪しげな塔」だ。
4階で待っていたナポレオンには関西弁ですごむマーメイドプリンセス。プリンセスちゃうやんw


あちこちにちりばめられた台詞が視聴者のつっこみたい台詞で、痒いところに手が届くというか、凄いよぴっち。

|

« ケロロ軍曹・第29話 | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・第2話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ぴちぴちピッチピュア・第29話:

« ケロロ軍曹・第29話 | Start | 機動戦士ガンダムSEED DESTINY・第2話 »