« スクールランブル・第2話 | Start | tactics・第2話 »

青池保子のブラックジャックはありかなと思う(ネタとして)

今朝出勤の時に電車の中の釣り広告を見て驚愕してしまった。ヤングチャンピオンに青池保子のブラックジャックぅ?
と言う事で、コンビニでヤングチャンピオンを探す。てっきりプリンセスみたいな表紙になってるのではないかと言う先入観で探したら全然違っていて完全に青年誌の表紙で、花ゆめとかなかよしを買うのには抵抗の無い私だが、青年誌となるとちょっととまどった(とまどうなw
(プリンセスみたいな表紙になっていたら、これまでの読者が買わないわな)

話は基本的に「エロイカより愛をこめて」(amazon.co.jp)にブラックジャックが登場すると言う流れになっている。話の筋としてはそう無理はない。
要するに、


青池保子が描いたブラックジャックの同人誌


と思えば良いのだ(を


青池保子のマンガとは、「イブの息子たち」(amazon.co.jp)がプリンセスに連載していた頃からのつきあいだからあまり抵抗感が無かったが、これまで青少年マンガしか読んでこなかった層にはきついかもしれない。
これ、ちゃんとエロイカのコミックスに収録されるのかね。チャンピオンも秋田書店だから、出版社的には問題ない筈だが。


私の他に困惑のおっきゅーさんも電車の釣り広告に釣られて(クマー)ヤングチャンピオンを買って読まれた様だ。ええ、エロイカは続いてます。そろそろ北朝鮮の工作員と戦ってくれんかな>少佐。
屋根裏部屋別館blogさんは以前私が書いた「こんなブラックジャックは嫌だ」の方を読まれたそうだ。あっちの作者は今まで見た事のない人なのでちょっと・・・w

|

« スクールランブル・第2話 | Start | tactics・第2話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 青池保子のブラックジャックはありかなと思う(ネタとして):

« スクールランブル・第2話 | Start | tactics・第2話 »