« 神無月の巫女・第2話 | Start | げんしけん・第1話 »

蒼穹のファフナー・第14話

地球人側もフェストゥムも目論見が入り乱れている。
特にフェストゥム側は常に「我々は」と1個の意志の様に行動していたものが、真壁あかねと同化したフェストゥムは日野洋治の影響を受けて他のフェストゥムから洋治を守ろうとする。

たった2話程度の登場だったが、日野洋治カコイイ。日野洋治死してマーク・ザインを一騎に遺すのか。


新国連軍の侵攻に抵抗せずに占領を許した真壁司令の判断はそれなりに意味があると思う。戦闘は目的があってこそ行うもので相手側にファフナーを諦めさせるのが目的ならば、こう言う選択肢もありだろう。ただ、ブリュンヒルデのコアが勝手に外に出てしまうのは誰も予測しなかったものであったが。

|

« 神無月の巫女・第2話 | Start | げんしけん・第1話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 蒼穹のファフナー・第14話:

« 神無月の巫女・第2話 | Start | げんしけん・第1話 »