« 集英社・本宮ひろしが歴史を捏造して反日マンガを売る | Start | GIRLSブラボー、湯気アニメの汚名を返上か? »

ふたりはプリキュア・第34話

今週から始まったゾイドに流れた人も沢山いるかも。実況掲示板では(少女が主人公の朝アニメと言う意味で比較して)ぴちぴちピッチよりペースが落ちた。と言う訳で、プリキュアには今と違う方向性を望みたい所なのだが・・・・・もう女児玩具売る方向しか見なくなったか?お兄さん向けは放棄したか?>バンダイ

あまり楽しい要素が無い中で、救いは小田島先輩が妙な方向にいかれて来た点だろうかw
変になぎさを意識してひとりで頑張っている。面白そうなネタ要因になりそうだ。もっともここぞと言う所で使わないと飽きられるだろうが。

もうひとり、なぎさをやけに気に入った男が登場した。男キャラが絡むとあまり良い事がないのだが、ここはうまく話を作って欲しい。


とにかく、頑張ってくれよ、プリキュア。

|

« 集英社・本宮ひろしが歴史を捏造して反日マンガを売る | Start | GIRLSブラボー、湯気アニメの汚名を返上か? »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ふたりはプリキュア・第34話:

« 集英社・本宮ひろしが歴史を捏造して反日マンガを売る | Start | GIRLSブラボー、湯気アニメの汚名を返上か? »