« 双恋・第1話 | Start | 書籍の中身まで全文検索 »

KURAU Phantom Memory・第14話

小さなクラウ久しぶり。

今回は天箕博士と別れて暮らす様になってからのクラウの話。
ああやってエージェントになる決意をしたのだね。それにしても良い環境で育ったものだ。

クリスマスがはやくもクライネおばさんとうち解けている、と言う台詞をクラウとフランクが交わす場面で、クリスマス・クライネ二人の声にエコーがかかっているのを聞いて、すわ風呂キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!とか思わなかっただろうか?w

と、地球では平穏な生活が繰り広げられている・・・と思ったら、
月では市瀬博士がリナクスに冒され、
地球ではクリスマスに「君が僕の対だ!」と言う少年が現れるし。

早くも暗雲の垂れ込める展開だ。

|

« 双恋・第1話 | Start | 書籍の中身まで全文検索 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf KURAU Phantom Memory・第14話:

« 双恋・第1話 | Start | 書籍の中身まで全文検索 »