« スウィート・ヴァレリアン・第6話 | Start | DearS・第11話 »

マリア様がみてる~春~・第12話

泣き濡れてずぶ濡れになった祐巳をそのままに返せない聖様は名前も覚えていない「友達」の所へ祐巳を連れて行く。何て飄々とした人だろうか。普段の大学生活はどうしてるのだろう。その「友達」の下宿(これもまた近年見られない設定だ)でシャワーを借りる祐巳。


祐巳シャワーキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!


聖様のお友達の名前は加藤景。イニシャル部分の子音が違うだけで残りの子音・母音は一緒か。そりゃ間違うだろう。いつ一緒になってもおかしくない者同士だ(違

人心地着いて家に帰った祐巳だが、寝る前にぼろぼろになった現代国語の教科書を見てまた涙が浮かんでくる。もう当分は現国の教科書見るたびに心に痛みが走るね。悲しい思い出と結びついてしまった。翌日学校で由乃に会って昨日の事を詫びる。

抱きつく由乃・゚・(ノД`)・゚・

あんた良い奴だよ。ぐっと来たよ。それでこそ我らが由乃さんだよ。

クラスメイトも祐巳に気を遣ってくれる
「そうしたら、Meたんがね」
「あ、Meたんてのはダメっ子OSのMeたんの事で・・・」(全然違

後日シャワーを借りたお礼に池上家に行ったら、家主の弓子さんが出迎える。お客さんが来る予感がしたからお茶の用意をして待っていたって、そりゃただごとじゃないよw
このおばあさんもリリアンの卒業生。やけにリリアン関係者が多い気もするが、リリアンの生徒を下宿させている家だから不思議でもないか。

あの青い傘も戻ってくる。青田先生の娘が福島駅で拾って持って帰ってきたのだ。拾う?
亡くなったおじいさんが名前を書いてくれた傘でずっと大切にしていたと言うのだ。良かったなあ。そう言う傘って大事なんだ。無くしたらそりゃあ、悲しいよ。あの時は状況以上にこう言う理由でなおさら当時ショックだったのだな。


次回予告
何言っとんじゃー!

|

« スウィート・ヴァレリアン・第6話 | Start | DearS・第11話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf マリア様がみてる~春~・第12話:

« スウィート・ヴァレリアン・第6話 | Start | DearS・第11話 »