« ぴちぴちピッチピュア・第23話 | Start | スウィート・ヴァレリアン・第5話 »

ケロロ軍曹・第23話

パニック!日向家の最も騒がしい一日

冬樹のもとにあるケロボールを奪還した軍曹。しかし、目的は地球侵略の為ではなく、壊れたガンプラの修理の為だ。執念を燃やす方向がとことん間違っているぞ、軍曹。

ところが以前の衝撃でケロボールの調子が悪く、ガンプラの修理どころか、軍曹のコピーが始まってしまうのだ。次々とコピーされていく量産型ケロロ軍曹(★マーク無し)。コピーはオリジナルと同じでちいとも地球侵略の役に立たない。結局ゼロは何倍してもゼロなのだ。

と思ったら、裏モードが発動してコピーが一斉に「ジーク・ケロン!」のシュプレヒコールとともにコントロール可能になる。そこで早速コピーを動員して演説をぶつケロロ軍曹。しかし、裏モードが発動してしまうと何故か知らないがケロン人個体質量保存の法則であと72分ほどでオリジナルも含めて消滅してしまうと言うのだ。

途中、モアたんが長電話をしたせいであっと言う間に残り2分。

だが、そこにやってきた326のコピック不思議ペンのおかげでケロボールの模造品が出来て冬樹の念を込めた一発でかろうじて軍曹は生き延びる事が出来る。よかったなあ、軍曹。もう冬樹には逆らえないぞ。て言うか、今回の最後の場面でも発動するのだが、裏冬樹には誰も適わないんだがね。

ところでギレン軍曹の演説場面の背景。
トンネル崩落
向きが逆であります、背景殿。

|

« ぴちぴちピッチピュア・第23話 | Start | スウィート・ヴァレリアン・第5話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ケロロ軍曹・第23話:

« ぴちぴちピッチピュア・第23話 | Start | スウィート・ヴァレリアン・第5話 »