« 罠スパムメール「洋子ですけど…」 | Start | 天上天下・第24話 »

KURAU Phantom Memory・第12話

クラウとクリスマスは父・天箕博士と一緒にサナトリウムに逃亡。GPOに察知されていない所もあったのだね。そこには2年前のリナクスの事件の被害者達が入院していた。リナクスの影響を受けた身体は光りつつ自由が利かなくなるのか。細胞がどんな状態と言う設定なのだろう。そこまで設定してないか。

以前、リナクスがこちらの世界に出てきた時にクラウはそれを向こうの世界に押し戻した事があった。あれを応用してリナクスに侵蝕された部分からリナクスエナジーを吸い出して組織を復活させる。だが、一番重篤なミドリの処置は時間との戦いだった。

結局、処置は間に合わずにミドリは消滅。この場面は、中途半端にリナクスエナジーを吸い出したから消滅したのではないかと言う解釈も出来たが(どちらかと言うとそう思った)、それではあまりに救いがないので、時間に負けたと理解する事にした。

そこへなだれこむGPO。クラウとクリスマスは必ずもう一度父に会いに来ると言って別れる。
この部分、EDが良い具合に被ってきてシリーズ中盤の見せ場だ。

4月からの深夜2クール物は1クール目の終了で盛り上がったのが無かったが、7月開始の2クール物KURAUはシリーズ構成が良いね。

|

« 罠スパムメール「洋子ですけど…」 | Start | 天上天下・第24話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf KURAU Phantom Memory・第12話:

» KURAU 第12話 やっぱりクラウはかっこ良くて頼りになる [いぬ日記]
● KURAU Phantom Memory 第12話「いまここにいる」。クリスマス復活してうれしいけど、やっぱり主人公のクラウがかっこいい。クラウが助ける人... [mehr]

verlinkt am: 23. September 04 23:54

« 罠スパムメール「洋子ですけど…」 | Start | 天上天下・第24話 »