« マリア様がみてる~春~・第13話 | Start | ふたりはプリキュア・第33話 »

DearS・第12話

武哉が最初からはっきりしていればこんなにもつれなかっただけなのだが、でもまあうまく納まってよかったね。

一応キィはDearSと言うのがモノである事を説明しているが、人間、自分たちと同じ様な姿をして自分たちと同じ言葉を喋ってしかも相応の反応があるモノはたとえ無機物でもその中に人格を認識してしまうからモノには考えられんだろうなあ。とりあえず、DearSは異星人なのだが。

と言う訳で、返還要求に気持ちの整理がつかぬまま応じる武哉だが、翌日のレンの逃亡、みんなでの追跡で、自分をご主人様と言う事にしてレンを引き留める。この「最終回、みんなで力を合わせて」演出は今やしらける物が多いのだがDearSはうまく表現出来ていると思う。レンの私生活のここまでの積み重ねた描き方が良かったのがあるのだろう。蜜香先生の参戦はちょっとアレだが、商店街の人達の参戦はクラスメイトのそれよりずっと気持ちの通う物があった。

最後は続編が作られてもおかしくない終わり方だったが、これはこれで終わったほうが後味が良い気がする。
1クール物で今迄にもよく使われた設定だったが、それを乗り越えてDearSはうまく作られた作品だと思う。

|

« マリア様がみてる~春~・第13話 | Start | ふたりはプリキュア・第33話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf DearS・第12話:

« マリア様がみてる~春~・第13話 | Start | ふたりはプリキュア・第33話 »