« KURAU Phantom Memory・第8話 | Start | ぴちぴちピッチピュア・第21話 »

天上天下・第20話

天覧武會の予備選始まる。
相手チームとはいつどこで交戦してもいいのだそうだ。と言う訳で初戦は忍者部隊がいきなり柔剣部を襲ってくる。


緊縛キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!


いや、今回の作画はやけに真夜の胸が強調されていたとは思っていたさ。それがここへの伏線だったとは(伏線言うのか、こういうの)。

対戦相手は真夜と光臣のコンビでことごとく退けて、文七は道場ですっかり気が抜けている。気は抜けているが覗き込む時だけは真剣だ。真夜、うしろ、うしろー!

道現は、この天覧武會の場で真の武人を完成させる為に絶対的な悪の存在を必要とした。その為に慎に式刀零毀(公式HPで「弐刀零毀」と「式刀零毀」の二通りの記述があるのだが、どっちが正しいねん)を持たせてそれにしたてあげようとするが、慎はそれを拒否する。
しかし、慎を暴走させようとする謀略はそれだけではなく、真夜の方にものびていたのだった。

と言う事で、ひんむかれる真夜。
だが、それを見たら暴走するのは慎だけではなく、光臣もそうなりそうな気が。

|

« KURAU Phantom Memory・第8話 | Start | ぴちぴちピッチピュア・第21話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 天上天下・第20話:

« KURAU Phantom Memory・第8話 | Start | ぴちぴちピッチピュア・第21話 »