« ぴちぴちピッチピュア・第18話 | Start | ココログの新着一覧が止まります »

ふたりはプリキュア・第26話

ドツクゾーン編の最終回。

ドツクゾーンに拉致されたブラックとホワイト。例によって圧倒的なイルクーボの前に全く歯が立たない。しかし、ここで疑問があるのだ。なんでブラックとホワイトはイルクーボと戦おうとするのだ。ドツクゾーンから脱出するのを考えるのが最優先なんじゃないのか。今までは人間界を破壊に来ていたから戦わざるを得なかったかもしれないが、今度は違うのだ。相手に有利な場所で戦うのは戦略的に間違っている。

とどめ(でも2発目)をさそうとするイルクーボだが、なぜかジャアクキングに消されてしまう。プリズムストーンが巻き添えを食いそうだったからと言うのだ。早い話、イルクーボをわざわざ復活させたのはジャアクキングの冷酷さを際だたせようと言う流れだったのだね。あんな姿にまでなって復活してこの扱いのイルクーボは気の毒な話だ。

イルクーボが消えて後はジャアクキングとの直接対決。やはりジャアクキングの方が圧倒的に強い。そこへ遂にクイーンが参戦。結局はクイーンの力も合わさってジャアクキングを倒す。
何か3つ飛んで行ったみたいだけど。

何もかも終わって、メップル・ミップルと別れて戻ってきたなぎさとほのか。「お疲れ様」と言ったおばあさんはやっぱり気づいているみたいだ。

ところが、ここにまたメップル・ミップルがやって来るのだ。
まあ来るとは思っていたがまたあっさりと戻ってきたな。そして次週予告を見るとまたも速攻で新たな敵がやってくる様だ。


いやね、ドツクゾーン編の結末はもう仕方ない物と思って見ていた。でも次のシリーズまで一息あってもいいじゃないか。と言うか、一息入れろ。最低でも一週、メップル・ミップルが居ない話を入れてその寂しさを噛みしめるのが必要だ。

仕方ないので、実況で見かけたネタをひとつ。
実況状況の方でも書いたが、ジャアクキングの正体はこいつだ!↓
Googleのイメージ検索で、「ジャアクキング」を検索

|

« ぴちぴちピッチピュア・第18話 | Start | ココログの新着一覧が止まります »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ふたりはプリキュア・第26話:

« ぴちぴちピッチピュア・第18話 | Start | ココログの新着一覧が止まります »