« DearS・第4話 | Start | ふたりはプリキュア・第26話 »

ぴちぴちピッチピュア・第18話

今週も作画(・∀・)イイ!!

ぴっちの作画神牧内ももこがミルモに取られてしまったが、今回の西尾公伯って人のはぴっちの基準標本の作画風味を生かしながらイイ作画をする。

パールピアリを包むピンクの壁。その謎を解くべくノエルが眼鏡を携えて登場。年長組の中でカレンは元々目立ったキャラだったし、ココは最近めきめきと頭角を現したしで、ここでノエルも自己主張しようって寸法かw

ピンクの壁の外に出ると何故か服が制服に。いつもと変わらない。敢えて違う所と言えばいつも以上にスカートが短い気がするが、きっと気のせいだろう。
学校に行くと見知らぬ子がるちあ達をひっぱって行く。ってどう見て小皿(セイラ)じゃないかよ。

一方パールピアリではノエルを中心にこの超常現象を解析する会議が行われている。そこでヒッポが「奇跡の入江」の話を。100年に1度、一番潮の引いた日の夜に奇跡の入江で願い事を言えば必ずかなえられるそうだ。


そんな都合の良い入江が何故パールピアリの近くに


因みに、東京付近の太平洋岸の潮位は夏には最大干潮にはならない。(参考資料→気象庁の潮位表
パールピアリがどこにあるのかは不明だが。

街を歩いているリナ姐さん、ショーウィンドウ内に発売前の新型プラズマテレビを見つけてしまう。流石プラズマテレビヲタのリナ姐さんだ。反応する物が違う。あれは噂のフルHDで800Wだかを消費するというプラズマテレビか?

このおかしな世界を彷徨するうちにアイスショップでDL達とご対面。
うはー。それは誰がどう見てもはだえぷですよ、はだえぷ

AパートからBパートへの場面で漸く今回の奇跡の入江で行われた事が判明。どうやらひっぽを先頭について行った連中の思念が入り交じって記憶の混乱まで引き起こしているそうだ。入り交じったのがまずかった。


混ぜるな危険


をいこら。
つまりノエルの言いたい事はこう言う事なのだね。
mazerunakiken.gif
ユーリに逢える時間が残り僅かと知って入江に走るひっぽ。その前に立ちはだかるBBS。ひっぽを行かせようとして登場する年長3人組。ここからいつもの歌合戦の始まりだ。でも年長3人組はあえなくBBSの歌に悶え苦しむ羽目に。年長3人組、やられキャラ化かよ!
そこへさらにるちあ達3人組が参戦。今度はBBS側が悶え苦しむ。
まあ早い話、先制攻撃をしかけた方が勝つってパターンだ。

入江ではひっぽとユーリが感動の再会。
マメプリ6人、DLもやって来て二人を見守る。消えゆくユーリを小皿が歌でしばし引き留めて逢瀬を伸ばすのだが、やがてはユーリも消えてしまう。

・゚・(ノД`)・゚・
ぴちぴちピッチでこんな泣かせる話を見せて貰うとは。
今週は作画も脚本も良くて、ぴっちの夏休みシリーズは最高だよ。


来週は不安だけどw

☆追加情報(8/1 21:15)
書こうと思って忘れていた。ぴちぴちピッチピュアのDVDではOPのシーンで一部改変があるらしい。
具体的には服が水着になってる部分があるのだそうだ。
実物はこちらの、- 美空すかいHIGH -さんの7月29日の記事を参照。

|

« DearS・第4話 | Start | ふたりはプリキュア・第26話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ぴちぴちピッチピュア・第18話:

« DearS・第4話 | Start | ふたりはプリキュア・第26話 »