« KURAU Phantom Memory・第7話 | Start | ぴちぴちピッチピュア・第20話 »

天上天下・第19話

過去編第2部の開始

慎が統道学園に帰って来た。しかし刀が解散したせいで執行部不在の学園はすっかり雰囲気が悪くなっていた。そこへ天覧武会の予備選が行われる。これは各部から5名を代表に出して勝ち抜いた者が執行部会長と幹部になれるものらしい。

慎は柔剣部を作るが、他に光臣と文七を合わせても3名しかいない。
そこで光臣は真夜を勧誘に。パンツ覗きながら。

真夜はしつこい光臣に、勝負で勝ったら入部してやると言う。


って、勝負ってゲーセンかよ!


ゲーセンで勝敗がつかなかった光臣と真夜は、次はカラオケへ。
どっちもど下手で勝負なし。次は、ボーリングへ。
どっちも器具を破壊して勝負なし。次は卓球・・・・


これは俗に言うでえとですかい?


最後の勝負はかぷせるおみくじ。
中吉以上なら光臣の勝ち、それ以下なら真夜の勝ち・・・・

中吉だったらどっちやねん!

いや、マジでそれがオチかと思ったのだがね。
真夜は光臣にどこまで心を許したのか分からないが、帰り道に兄慎が父母を殺した経緯を話す。そして後日柔剣部に条件付きで入部に来るのだ。

クズ男を連れてw

クズ男登場はこの伏線だったのか。

|

« KURAU Phantom Memory・第7話 | Start | ぴちぴちピッチピュア・第20話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 天上天下・第19話:

« KURAU Phantom Memory・第7話 | Start | ぴちぴちピッチピュア・第20話 »