« ギャラクシーエンジェル第4期・第9&10話 | Start | デジタルハイビジョン録画生活 - Rec-POT - »

KURAU Phantom Memory・第6話

キャラダインがいい人すぎる。いい人すぎて、こりゃまさか死亡フラグかと思ったら裏切りフラグだった。と言っても表情に出ちゃってるね。

依頼された仕事は書類をある人間に渡すと言う物だが、受け渡し場所は山の上にある建設中のリゾートホテル。えええ、山の上にある廃墟ホテルじゃないのかよーw いくら何でも建設中のホテルに人っ子一人いないのは不自然だろうに。

クリスマスはクラウが仕事を終えて帰ってくるのを待つのだが、ここでダグと遭遇。遭遇と言うかダグが探していたのだ。今回の動きを察知してクラウをとどめに来たのかとも思ったがそうではなかった様だ。クリスマスがダグを警戒してるのだが、「クリスマス、良い名前だ」で一瞬それをといてまた警戒モードに入るクリスマスがかわいい。

クラウの方はお仕事場と言うか実は罠にまっしぐら。ロープウェイで山頂に向かっている。
ホテルでGPOがお出迎え。シールドをはって、前回登場のARシステムの照射を行うがクラウに効かない。アヤカが激しく驚くのだが、じゃああのARシステムは既に実戦配備をして実績があったのか。

クラウを撃とうとするアヤカが見たのはクラウの悲しい表情
「泣いていた。なぜ奴が?」

痛かったからさ(殴

クリスマスの所に戻ってきたクラウだが、またクラウからリナクスが出てこようとする。ここでクリスマスの力の初めての発動があり、元の世界へ戻す。力が暴走するとリナクスの通路になる様になったのか、クラウは。


この街にも居られなくなって次回は新しい土地に行く様だが、あのメイド姿は何?w

|

« ギャラクシーエンジェル第4期・第9&10話 | Start | デジタルハイビジョン録画生活 - Rec-POT - »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf KURAU Phantom Memory・第6話:

» 感動的でしたー KURAU 第6話 [いぬ日記]
● KURAU Phantom Memory第6話「光る雨」。なんか、クリスマスの気持ちが伝わってきて、うるうるしてしまうバウ。自己犠牲とか、そういう大げさな... [mehr]

verlinkt am: 12. August 04 14:22

« ギャラクシーエンジェル第4期・第9&10話 | Start | デジタルハイビジョン録画生活 - Rec-POT - »