« GIRLSブラボーの湯気と血 | Start | 爆裂天使・第16話 »

月は東に日は西に・第3話/Wind -a breath of heart-・第3話

前半はにはに

やっぱ、日常を淡々と綴っている。環境アニメだ。今週はちょい委員長フラグがあった程度かね。ちひろフラグもかな。

ちひろと言えば、温室で怪しい影が動いた。これでやっと話が何か展開するのだろうか。さもないとあの程度の身体検査では作品がもたないよ。


後半Wind

今回は彩(ひかり)登場。

なんと言うか、こう言う言い方をするキャラは普通に会ったら嫌われるだろう。木の上に居る猫を降ろす位いいじゃないか。別にその後の面倒までみる必要はないだろう。
九月堂でいきなり誘う勤もアレだが、それに対しての断りの台詞が「私が居ても場の雰囲気を壊すだけですから」は普通言わないだろう。店を留守にする訳に行かないとかさ。

原作がどうなのか分からないが、相変わらずひっかかる脚本だ。

霞が九月堂で彩を紹介するが、どこの学生とも言わないのに勤が「学生さんの身でようこないな店やっとるな」と応える。確かに見た目の年齢がそうかもしれないが、でも普通はそうは言わないだろう。
それから霞が彩に「ご両親は何をやってらっしゃる方なの?」と問いかけた後の彩の返しが「紫光院さんは私に親が居ない事を不憫に思って誘ってくれたんですね」だ。いや、親が居ないのを知らないから「何をやってるのか」と尋ねたんだろう。会話がおかしいぞ。

などとひっかかりつつもWindは順調に話が進んでいる。

それはともかく、OneDayの制服、イイヨねw

|

« GIRLSブラボーの湯気と血 | Start | 爆裂天使・第16話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 月は東に日は西に・第3話/Wind -a breath of heart-・第3話:

» 無表情彩登場 Wind 第3話 [いぬ日記]
● Wind -a breath of heart-第3話「彩という名の少女」。無表情ダウナーで背がちっこい月代彩(つきしろひかり)が登場。第1話では、姿だけ... [mehr]

verlinkt am: 22. Juli 04 19:02

« GIRLSブラボーの湯気と血 | Start | 爆裂天使・第16話 »