« 爆裂天使・第17話 | Start | 少女フレンド38年に見る当時の価値観 »

忘却の旋律・第17話

先週人質状態だったのがあっさりと状況変化。ならあんな形でひくなよ。

ラッキーサラブレッドは秘密通信でチャイルドドラゴンとご対面。チャイルドドラゴンってモンスターユニオンのリーダーだったのか。すっかり媚び媚び状態のラッキーサラブレッドだが、対アイバーマシン兵器グローバルノイズキャノンを差し出せと言われた所でちゃっかり嘘をついてしまう。しかしそれもチャイルドドラゴンには見破られて逆に勘気を買う羽目になるのだ。

本当にだめじゃん、ラッキーサラブレッド。

小夜子を人質にとられて捕まるボッカ・遠音・ココ。小夜子はボッカの女だからボッカへの貸しだそうだ。
ところが3人が捕まった場面で小夜子は泣きついたふりをしてラッキーサラブレッドから起爆装置をすり取ってしまうのだ。本領発揮だな、小夜子。「一流のスリでもないと」奪えないそうだぞ。

さて後半は「あたしのメロス」が鳴り響きまくり。
小夜子は水門塔を破壊しつくすし、こいつら鬼畜やw

小夜子の兄、ラッキーサラブレッドはボッカとの交戦であえなく戦死(戦死だろ?あの高さから落ちたら)。
司令官が消えてもなお戦い続ける木馬隊との戦闘中「だから手伝えよ」との遠音の督戦も無視してボッカは小夜子とのちゅーだ。ちゅー。もう妨げる物は何もないな。


と言う事で、次回はベッドの上で小夜子が督戦ですか?
て言うか、次回、東京駅ぃ?
東京ステーションホテルが舞台かな?
あそこは一度ネタに宿泊した事があるのだが。

|

« 爆裂天使・第17話 | Start | 少女フレンド38年に見る当時の価値観 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf 忘却の旋律・第17話:

« 爆裂天使・第17話 | Start | 少女フレンド38年に見る当時の価値観 »