« かってに改蔵・最終回 | Start | KURAU Phantom Memory・第4話 »

ギャラクシーエンジェル第4期・第5&6話

侵略スパイス中佐三昧

これだ、これだよ、GAのパワーはこれだよ。

急に基地で倒れるウォルコット中佐。エンジェル隊のストレスのせいではないかと言う話だが、実はウォルコットさんの病気の原因などどうでも良くてw、話の中心はその後だ。

財布を落としたという事で手術室に入ろうとするミルフィーユ。こらこら雑菌だらけの身体で入ってはいかん。しかし偶然にもそのせいで執刀しようとしている医師がエイリアンだと分かってしまうのだ。

エイリアン「さーてこれが終わったらさっきの小娘からかすめた小銭で豪遊といくかー!」

志、低! お前はそれでも侵略者かよ!
ケロロ軍曹以下だぞお前。

でまたそこへフォルテさん達が手術の調子を見に入ってくるのだ。
だから関係者以外入って来ちゃいかんて!


執刀医(実はエイリアン)を殴り殺したせいでウォルコットさんの治療には小さくなったミント・ミルフィーユ・ヴァニラ隊が中佐の身体の中に入って行う事になる。
んな装置どこにあったよ。

ミント「1億分の1ミクロンの1億分の1に縮小されています」

小さすぎ。
水素原子と比べても比較にならない程の小ささだ。
そこまで小さくなったら手も足も出んだろが。

ゼリービーンズ断ちをしているミントには白血球がおいしそうなゼリービーンズに見えてしまう。そんなもの目の前から失せろとばかりにミサイル攻撃。まあ、白血球を破壊してる分には未だ良かったのだが、そんなミントの目の前にDNAが!

ぴっちと言い、ケロロ軍曹と言い、お前らDNAをどんな形のもんだと思ってますか?

こっち(充填タイプ)とか、こっち(骨格タイプ)を参考にしてくれい。
まあそのDNAを吹っ飛ばしてしまう事でウォルコットさんの様子が変わってしまう件に関しては何も言いますまい。それに触れちゃ野暮ってもんで(じゃ、今までのは・・)。

エイリアンをタママ・インパクトで吹っ飛ばすウォルコット中佐。

フォルテ「すごいぞ中佐!」
蘭花「完全復活じゃないですか!」

いや、普通の人間は復活してもタママ・インパクト出せないって。

エイリアンが巨大化したのに対して、フォルテさんの身体の内部で乱心したミントのDNA破壊をしまくったせいで中佐は巨大化するわ、羽は生えるわ、パンダになるわ・・・・いやー実にGAらしい超展開だ!

最後はこれまたGAらしい投げオチで中佐三昧は4期中で出色の出来になった。

 

お見アイス

GAに何度か出てくる不条理物だ。いや、GAってほとんど不条理なのだが、このパターンは「だからどうするよ」と言うストーリーだ(うーん、それもどれにもあてはまる気はするが)。

タツノコ風味の蜘蛛一家の父蜘蛛を踏みつぶしてしまうフォルテさん。敵を討とうとする子蜘蛛を飲み込んでしまったのが運の尽きでフォルテさんが蜘蛛化してしまう(なんでやねん)。

ところで何でまたトランスバールコンツェルンのドトールのお見合い相手がフォルテさんなのだ。それこそメアリー少佐とか蘭花とか居るだろうに。

ひょっとして写真選考?

最初からえらく気に入っていたようだからねえ、ドトール。大体、ハートマークを付けるふりして何度フォルテさんの胸を触っとるんじゃ、ドトール、お前は。

しかし、そんなドトールだからこそか、フォルテさんがどんな姿になろうと慕うのだ。
で、話はドトールが蜘蛛フォルテを何とかする方向に向かうのかと思ったら、執事がドトールを奪ってサイドカー付きバイクで忘却の旋律走り。それを追って来るのはスパイダーウーマン・フォルテ。

最後はスパイダーウーマン・フォルテで終わって、この話はどうするよ。

|

« かってに改蔵・最終回 | Start | KURAU Phantom Memory・第4話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf ギャラクシーエンジェル第4期・第5&6話:

« かってに改蔵・最終回 | Start | KURAU Phantom Memory・第4話 »