« 重慶爆撃訴訟だそうだ | Start | 忘却の旋律・第15話 »

MADLAX・第16話

なぜアンファンはガザッソニカで内戦を継続させ続けるのか?

単純な武器供与による利益追求でないと言うのがポイントだ。安易に「金儲けの為に戦争をやらせてました」とかだったらどうしてくれようかと思ったが、流石にそんな薄っぺらな設定ではない様だ。

目的は別にしても、王国軍・武装抵抗組織ガルザともに中枢部がアンファンの人間によって構成されているとは凄い話で、その事が全く漏れずに長年内戦を継続して来たのだから情報管制が徹底している。こんな事、ちょっとでも漏れようものならたちまち前線は厭戦気分に充ち満ちてしまう。或いはアンファンの人間とは言え、相手までは知らないのだろうか。

その件に関して入手した情報を公表しようとするヴァネッサだが、公開手段が無く、マドラックス→スリースピード経由のナフレスの情報機関に渡す事になる。
んなー物、2ちゃんねるだのふたばだのに貼ればいっぱつ(ry

一方、セカンダリの影響を受けて見る夢についてマーガレットはカロッスアを呼び出して話を聞いて貰う。街から遠く離れた海岸線の道路で。そこにマーガレットを探してエリノアがヘリで登場だ。

マーガレット「びっくり」


こっちがびっくりだよ!


どんな登場の仕方するねん>エリノア

さて、静かに進行したAパートに対してBパートでは緊迫した場面に。マドラックス・ヴァネッサ一行はフライデー直属の部下に捕まり、そのフライデーはご丁寧な事に廃墟のセットまで用意してマドラックスを試すのだ。
ところがフライデーの期待に添わないマドラックス。フライデーはそんなマドラックスを「こんなの僕のパートナーじゃないやい」と言わんばかりに見限って光の中(これもフライデーの演出w)へ。逆光でマドラックスのドレスが透ける。この場面はDVDではもっとはっきりと(違。

そしてこの後が今回の見所だ。

ヤンマーニキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

真ん中に突っ立ってる人間くらいちゃんとしとめろよ>直属舞台

ドレス脱ぎキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!

裸で直属舞台と戦闘するマドラックス。
あのドレスの下には何もつけていなかったのか。
この場面はDVDで(ry

頭上の照明を見ずに撃ち抜き、落ちてきた銃を左手でキャッチするマドラックス。

神業キタキタキタキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!


今回はマドラックスの醍醐味を存分に味わえたw


ヴァネッサの最後の銃撃の瞬間、重々しいオルガンのSEとともに衝撃を受けるマーガレット。
次回を待て!

|

« 重慶爆撃訴訟だそうだ | Start | 忘却の旋律・第15話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf MADLAX・第16話:

« 重慶爆撃訴訟だそうだ | Start | 忘却の旋律・第15話 »