« マリア様がみてる~春~・第4話 | Start | ニニンがシノブ伝・第3話 »

DearS・第3話

家事労働中は服が汚れるのを避ける為、服を着ずに裸でお出迎えのレン。この時、専用の作業服でも買ってやればーと思ったのだが、寧々子が服が汚れない様にする為にエプロンがあると切り出す。あーそっちかー、はだえぷかーと納得した。この納得は後で当然の様に報われる。何しろお約束アニメなのだから。

武哉の部屋がレンによって綺麗になっている。これは絶対荷物が始末されたなと思ったら、お約束どおり処分されていた。しかし、ゴミ出しの仕方がなってないぞ。

不良品のレンを回収に来たニアだが、メロンパン1個で目的を喪失する。お前も不良品じゃー。

学校に来てしまったレンを蜜香先生が発見。武哉の所に連れて行って一気にコトが表面化。「ひとつ屋根の下でのべつまくなしにちちくりあってるって事ねー!」と途中で蜜香先生の激しい煽り文句(本人談によると「淫靡な言葉」)があったりするが、まあおかげで何もかもはっきりさせたのだから良しとしてはどうかね。

アパートに戻って風呂の準備をしようとしたレンだが、シャワーとカランの切り替えが分からず制服のまま水を浴びてしまう。びしょびしょの制服を脱ごうとするが・・・下に何も付けてません?で、先に寝てしまう武哉に「×的欲求を関知」とか言って布団の中に入ってくる。こりゃやっぱりそれ用に出来ている訳だ。

とまあ、レン側は順調に(?)話が進んでいるのだがミゥの方は本来の仕事が出来ずなにやらストレス蓄積の模様。これがこのあと暴発になるのか(予告では「勝負よ!」とか、まるでカレイドスターのメイを彷彿とさせる台詞を吐いている)。


ところで、DearS文字もかなり解読されて来た模様。で、名前の「レンレンレンナグサランレン・シーア・ルルンンレン・ナコラ」でふと思ったのだが、DearS語は語彙数が少ないのかも知れない。大和言葉で名前を付けてた「やまとととひももそひめ」とか「はつくにしらすすすめらみこと」を連想してしまった。

|

« マリア様がみてる~春~・第4話 | Start | ニニンがシノブ伝・第3話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack


Folgende Weblogs beziehen sich auf DearS・第3話:

« マリア様がみてる~春~・第4話 | Start | ニニンがシノブ伝・第3話 »